2015 J LEAGUE

FC東京×モンテディオ山形

2015/11/17


モンテディオ山形が堅守でFC東京の攻撃をシャットアウト

ホームのFC東京は、ブロックを敷いてカウンター狙いの戦術。一方でモンテディオ山形は豊富な運動量でことごとくFC東京のチャンスを摘んでいく。当然、中盤を支配したのはモンテディオ山形の方だった。

さらにFC東京は不運に見舞われる。前半に2人の負傷者が出てしまったのだ。前半のうちに交代枠を使わざるを得ず、苦しい展開になっていった。

しかし後半、前線の素早い動き出し、中盤からのパスが前線に繋がるようになり、リズムをつかみはじめる。ここを勝負どころと見たFC東京ベンチは、後半12分にサンダサを投入。するとポストプレーやドリブル突破で決定機をつくりだす。

しかしモンテディオ山形は持ち前の堅守でFC東京の攻撃を封じ込める。

結局FC東京は、最後までネットを揺らせずスコアレスドローに終わった。リーグ戦での連続失点は止まったものの、勝点1を分け合う結果となった。

-2015, J LEAGUE
-,