2016-17 UEFA CHAMPIONS LEAGUE

Barcelona vs ParisSG

2017/04/27

 

バルセロナが奇跡の大逆転劇でパリSGを下す!

パリSGとの第1戦を0-4で落としていたバルセロナは、ホームとはいえ後がない状況。

誰もが不可能と思うほどの逆転劇、それしか突破の可能性はなかった。ただ、試合開始直後、ルイス・スアレスがヘディングを押し込み先制点を上げた瞬間、この不可能が可能になる予感を感じさせる。まだ開始からわずか3分で1-0としたのだから。

アウェーで調子が上がらないパリSGは、さらに危機感を感じることになる。

スアレスからのボールに抜け出したアンドレス・イニエスタが、ゴールライン際からヒールで折り返すと、パリSGのDFライバン・クルザバがオウンゴールを犯してしまい、2-0となったからだ。

さらに後半開始早々、ネイマールがトーマス・ムニエルに倒されてPKを獲得すると、これをリオネル・メッシが確実に決めて3-0。
この時点でバルセロナは2試合合計で1点差としたのだから、あとは時間の問題。

カンプ・ノウの誰もがバルセロナの大逆転劇を予感していた。
しかし62分、パリSGはエディンソン・カバーニがゴールを挙げる。

この強烈な一撃は、カンプ・ノウの群衆を黙らせるには充分、のはずだった。

さらにカバーニにも得点のチャンスが訪れるが、これはバルサの守護神マルクアンドレ・テア・シュテーゲンが足で辛うじてセーブ。
さらに攻勢をかけるパリSGだったが、決定的なゴールは奪えない。

すると88分、ネイマールがFKを直接ゴールに流し込むと、再びカンプ・ノウは異様なムードに。

その後、スアレスがエリア内でマルキーニョスのファウルを誘ってPKを獲得すると、これを再びネイマールが確実に決めて同点に追いつく。

「あと1ゴール」

カンプ・ノウの誰もがそう願っていた。

そしてその瞬間が訪れたのは、アディショナルタイム。

残された時間はわずか1分。
ネイマールがパリSGの最終ラインを見ながらボールを浮かせると、裏に抜け出たセルジ・ロベルトがゴールへ流し込む!

この瞬間のカンプ・ノウは割れんばかりの歓声。まさに歓喜の渦に包まれることになった。

近年でもまれな手に汗握る点の取り合い。結局、制したのはバルセロナだった。

6-1の圧勝でUEFAチャンピオンズリーグ史上最大の逆転劇を演じたバルセロナ。
これほど劇的な逆転劇は、そうそうお目にかかれない。

出場選手はこちら

http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2017/matches/round=2000784/match=2019621/lineups/index.html

-2016-17, UEFA CHAMPIONS LEAGUE
-,