2015-16 EUROPEAN LEAGUES SPAIN LIGA ESPANOLA

Real Madrid vs. Barcelona

2016/01/09


レアル・マドリード対バルセロナ

レアル・マドリードがまさかの4失点、ホームで惨敗!

リーガエスパニョーラ第12節、レアル・マドリード対バルセロナのクラシコは、アウェーのバルセロナが4-0で大勝した。

レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われた113回目のクラシコ。11月13日のパリ同時多発テロから間もなくの開催となり、警察、警備員が多く配置され超厳戒態勢。試合前にはスタンドに大きなフランスの国旗が掲げられ、フランス国家がピアノ演奏された。両チームの選手・監督がピッチに並び、追悼の意を示した。

注目を集めた両チームのスタメンだが、バルセロナは復帰初戦となるメッシがベンチスタート。同じく負傷明けのラキティッチは先発、S・ロベルトが右サイドでスアレス、ネイマールと3トップの布陣。一方のレアル・マドリードは、ハメスとベンゼマを先発起用し、ベイルとC・ロナウドを含む“BBC”が9月15日以来、出揃った。

序盤からボールを保持したのはバルセロナ。7分、スアレスが落としたボールをネイマールが右足で合わせるが、これはゴールならず。レアル・マドリードも反撃に出て、9分にC・ロナウドが右サイドを突破、速いクロスを放り込むが、これはD・アウベスがクリア。序盤はお互いに譲らず。

ポゼッションを高めるバルセロナは、10分に先制する。右サイドでボールを受けたS・ロベルトがバイタルエリアに侵入すると、レアル・マドリードのCBをしっかり引き付けてからパス。これをスアレスが右足のアウトサイドで流し込んだ。

先制したバルセロナだが、28分にマスチェラーノが負傷退場。ルイス・エンリケ監督は前半のうちに交代枠を使うことになり、マテューを投入。29分には自陣でボールを奪われハメスにシュートを許すが、これはGKブラーボセーブ。

その後も攻撃の手を緩めないバルセロナは39分に追加点を挙げる。ここまで素晴らしいパフォーマンスで見せていたイニエスタが、左サイドのネイマールへスルーパスを送ると、これをゴールへ流し込む。ネイマールは得点ランク首位となる今季12点目。

前半だけでバルセロナが2点のリードを奪い、クラシコは思わぬ展開となった。
後半、レアル・マドリードが一気にギアを上げ、開始早々にマルセロがドリブルでDFをかわしてシュートを放つ。しかしこれはサイドネット。48分、ハメスがミドルレンジからシュートを放つが、これはGKブラーボに好守にあいゴールが奪えない。

一時、劣勢だったバルセロナだが、53分に決定的な3点目を挙げる。
この試合の2得点に絡んだイニエスタとネイマールがゴールを演出。イニエスタの縦パスをネイマールがヒールでボールを落とすと、これを受けたイニエスタがニアサイド上隅に豪快なシュートを蹴り込みゴール!レアル・マドリードに引導を渡す追加点を挙げた。

ルイス・エンリケ監督は、この得点から4分後、ついにメッシを投入。エースの復帰で勢いが増したバルセロナは、75分に再びゴールを挙げる。
中盤でメッシ、ネイマールとボールをつなぎ、これにスアレスが反応。完全に抜け出して、GKとの一対一を苦にせず、冷静にゴールへ流し込んだ。

この勝利でバルセロナはレアル・マドリードに勝ち点6差をつけて首位を独走することになった。
一方、レアル・マドリードは暫定で2位ではあるものの、不甲斐ない戦いに周囲からの不満が募っている。

-2015-16, EUROPEAN LEAGUES, SPAIN LIGA ESPANOLA
-,