WEB MAGAZINE

アジアの戦い方との葛藤

2016/07/24

maga150616jpn_sin2hara1761

The Way of Halilhodzic & Samurai
-Road to Russia-

 

文・写真:原 悦生
Text & Photo: Etsuo Hara

 

降り出した大粒の雨がブーイングを収束させた形になったが、ワールドカップ・アジア予選、日本の第1戦は埼玉スタジアムに集まったファンの期待感をストレスへと変えていった。

記録上、日本がシンガポール相手に放ったシュートは23本。その精度にはあまさもあったが、ノーゴールに終わった。シンガポールのGKイズワンはスクリーンのヒーローのように、ボールを弾き返した。

前日の監督記者会見で気になる言葉があった。「スペクタクルな試合を見せる」というハリルホジッチのフレーズだが、親善試合ならともかくアジアの真剣勝負がそういう性格の試合でないことは多くの記者もファンも認識していることだ。

守りに徹したチームに対しては、早い時間の先制点が挙げられれば、ゴール・ショーも実現可能だが、ため息が続くピンボールのような試合展開は十分に予想されたことだ。

「フランスだって負けることがある」と予選で仕掛けられる様々な「ワナ」に触れたハリルホジッチだったが、結果として想定されたはずのシンガポールのワナから抜け出すことはできなかった。

後半の采配は冷静さを欠いた。練習でも試したこともないであろう攻撃布陣でのアタック指示には選手たちも戸惑っただろう。

負け試合に等しい引き分けに「責任は全部監督にある」と言ったことだけが救いだった。

ロシアへの道は始まったばかりだが、「全部勝つ」と宣言した緒戦でつまずいた指揮官は9月までにアジアでの戦い方に対する軌道修正を迫られた。

-WEB MAGAZINE