2012 EURO

Portugal vs Spain

2016/07/26

eu120627por_esp0_4hara480 eu120627por_esp1hara941 eu120627por_esp1hara1165 eu120627por_esp2_6hara292 eu120627por_esp3hara120 eu120627por_esp3hara299 eu120627por_esp3hara480 eu120627por_esp3hara616 eu120627por_esp4hara317 eu120627por_esp4hara541

写真

PK戦までもつれこんだ隣国対決はスペインに軍配

隣国同士の対決となったユーロ2012の準決勝、ポルトガル対スペインの一戦は、両者ともゆずらずPK戦へもつれ込む大接戦。最終的には、スペインが決勝へ進むことになった。

スペインは相手のカウンターの生命線であるコエントラォン+ロナウドの左サイドを分断すべく、アルベロアをウィングのような高い位置へ。しかい攻撃の主体はあくまで左サイドにかわりない。これに対してポルトガルは、今までと変わらず全体的にコンパクトな戦術を貫き通す。プレッシャーからのカウンター狙いは、しっかりとはまっていた。

守備面でのロナウドの負担を減らし、右サイド、さらにはトップの位置でひたすらゴールを狙い続ける戦術だ。

スペインは、ポルトガルのプレッシャーに苦しみ、得意のパスワークが発揮できずにいた。後半に入ると状況を打開するために、セスクやナバスを投入するが効果はあまりなかった。

しかし、ポルトガルもカウンターからチャンスを作りながら、ゴールが奪えないまま時間だけが過ぎていった。

90分、さらには延長戦でも両者ともに1点が遠い展開。結局、勝負の行方はPK戦に託されることになった。

同点のまま迎えたポルトガルの4人目のキッカー、ブルーノ・アウヴェス。これが無情にもポストを叩く。スペインは、セスクが落ち着いてゴールネットを揺らし、スペインが苦しみながらも決勝進出を果たした。

-2012, EURO
-,